ピアノ講師のカリスマを目指して


by db8x0xfhi8

犬遺棄「もうからないので捨てた」埼玉県警が元町議を詐欺容疑で再逮捕へ(産経新聞)

 埼玉県飯能市の正丸峠に大量の犬などの死骸(しがい)が捨てられていた事件で、動物火葬業経営で元同県三芳町議の阿部忍容疑者(71)=廃棄物処理法違反容疑で逮捕=が、「火葬業者が増えて競争が激しくなり、もうからなくなったので捨てるようになった」と供述していることが27日、捜査関係者への取材で分かった。

 県警は、27日午後にも、詐欺容疑で阿部容疑者を再逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、阿部容疑者はペットの火葬を含めた葬儀をする約束で、飼い主から料金をもらっていたにもかかわらず、火葬しないまま山中に死骸を捨て、葬儀料をだまし取った疑いが持たれている。

 阿部容疑者は3月末、正丸峠の山中に計17匹の犬の死骸を捨てたとして、廃棄物処理法違反の疑いで、さいたま地検川越支部に送検されていた。

 埼玉県警ではこれまでに、正丸峠から頭蓋骨(ずがいこつ)だけの動物も含め計約180匹分の死骸を回収。阿部容疑者は県警の調べに対し、「悪いと思いながらやってしまった。火葬は費用がかかるので、投棄してカネを浮かせたかった」などと供述しているという。

【関連記事】
埼玉の山中に大量のペットの死骸 野焼きもしていた元町議が捨てた理由とは…
家宅捜索で冷蔵庫から犬の死骸 詐欺罪での立件視野 
犬の遺体100匹捨てる? ペット葬儀業者を逮捕 埼玉県警
「土浦警察署のものですが…」茨城で不審電話相次ぐ
「私は某御曹司。自民に資金提供を…」190万円を振り込ませる
「裸の王様」次に座るのは…

首相不起訴相当 資料も公表拒否 残る説明責任「国民感情で考えがたい」(産経新聞)
<サクランボ>温室育ちの“赤い宝石”収穫期 山形・東根(毎日新聞)
タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)
仕分け第2弾スタート=独法の無駄精査(時事通信)
法隆寺だけじゃない、斑鳩の塔ものがたり(産経新聞)
[PR]
by db8x0xfhi8 | 2010-04-30 22:35